検定の主な流れ of JEPM

JEMP_Head.jpg

検定の主な流れ

検定試験の主な流れ

証明用電気計器(子メーター)は日本電気検定所(JEMIC)が独自に開発した自動
試験台で,正確かつ効率よく電気メーターの検定試験を行っています。これらの試験
には次のように様々な工程があって,これをすべてクリアしたものだけがみなさんの
家庭などに取付けられます。

1.受付

一般家庭用電気メーター1個の試験時間は約48分

2.構造等外観検査

銘板表記事項等の確認,ガラスカバー内部の汚れ,各部の損傷の有無等の検査

3.絶縁抵抗試験

電気メーターの漏電による焼損・事故等が発生しないよう安全を確認する試験

4.潜動試験

電気メーターが電気を使用しないときに計量しないことを確認する試験

5.始動試験

わずかな電力を消費しても,電気メーターが計量することを確認する試験

6.計量試験

表示構造が正確に作動するか確認する試験

7.器差試験

器差(=誤差)が検定公差の範囲内にあるか確認する試験

8.合格・不合格判定

検定の合格基準は,計量性能,表示及び耐久性等の構造条件が具備されており,
かつ一定水準以上で器差が確保されていること。

9.封印

合格品に検定ラベルを貼り,検定証印により封印



※日本電気計器検定所ホームページより抜粋

前のページへ

次のページへ